久留米の歓楽街に近くデリヘルに便利なラブホ!

久留米の歓楽街に近くデリヘルに便利なラブホ!

久留米の歓楽街に近くデリヘルに便利なラブホ!

 

久留米の歓楽街といえば「文化街」だけど、新しい社交組合もできて頑張ってると思うよ。一杯飲んでデリヘルを呼ぶならば、ラブホ「R」が便利で安い!文化街から徒歩3分と近いし、料金前払いで外出OKだもんね。

 

ラブホ「R」は、リニューアルする前まで「ロイヤル」って呼ばれてた。室内もバスルームも広く、出張者がビジネスホテル代わりに使う場合もあるんだ。一杯飲んだ後でクラブのホステスやキャバクラ嬢を連れ込んだり、デリヘルを呼んでも15分ぐらいで派遣できるよ。歓楽街に近いラブホは他に無いから、週末込み合うのが難点だよね。

 

文化街から歩いて1分と近い「グリーンホテル」も人気がある。ラブホではなくビジネスホテルだけど、風俗大歓迎だから遠慮する必要なし!このホテルは朝食のサービス付きでコスパがよく、風俗好きの出張者にオススメです。でもね、シングルじゃなくてツインかダブルの部屋にしましょう。ビジネスホテルにデリヘルを呼ぶ時の「暗黙のルール」だからね。

 

歓楽街から離れているけど、久留米インターチェンジに向かう東合川にラブホ街がある。正確に数えたことは無いけど30店舗ぐらいあって、西日本一のラブホ街っていわれてる。昼間は閑散としてるけど、夜になったらラスベガスみたいなんだ。久留米のデリヘルは東合川のラブホ街に密集してるから、チェックインしてから呼んでも直ぐに女の子がやってくるよ。

 

東合川のラブホでオススメは、おもちゃ箱・ピタゴラス・スカイタワー&ピアビップでーす。

 

というわけで、久留米の風俗の中でも一押しのデリヘル店を探すなら、久留米風俗.lpっていうチョッパーっていうエロ管理人がやってるサイトはかなり参考になるね!

久留米のデリヘルでAF5,000円にチャレンジした話

 

久留米にソープランドは無いから、本番したくなると困るよね。博多か熊本まで出かける風俗スキもいるけど、往復の交通費とプレイ代を考えたらキビシイ!だから、デリヘルのAFオプションを利用することにしてる。久留米のAF料金は10,000円が相場だけど、デリヘル「グラマラス」は5,000円なんだよ。

 

AF5,000円は魅力的だけど、コンパニオン全てがOKという訳ではない。女の子のプロフィールを見ても、可能オプションが表示されていない。こういう場合は、店に電話するのが一番はやいよね。「AFオプション可能な20代半ばのスレンダーはいますか?」と聞いたら、28歳のリサさんを勧められた。写真をみると、顔はボカシだけどナイスボディですよ。パッと着がえてラブホ「R」にチェックインしちゃった。

 

やって来たのは、ボーイッシュなショートヘアにスーツが似合うOLさん風でした。大きなバッグから取り出したのは、電マ・ローター・バイブ・アナルバイブ・アイマスク・手かせ足かせって、もういいですよ!SMプレイするんじゃないからね。最後に出したのは見たこともない変な形!エネマグラっていうそうだ。お姉さんが「前立腺の治療に使われてるけど、試してみる?」っていうやんね。今回は勘弁してください。

 

ベッドに寝てると、お姉さんが積極的に責めてくるよ。ローターを乳首に当てて電マでオチンコを刺激し、アナルに何か突っ込んだ!スイッチを入れるとウイーンって振動してる。「なんやねーん」っていったら、アナルバイブだそうだ。AFオプションは頼んだけど、アナルを責めてくれとは頼んでなーい!でも、オチンコがギンギンになってきたよ。